Top > セルライトができる原因

セルライトができる原因

セルライトができる一番の原因は血行不良だと言われています。血行が悪くなる原因として、「運動不足」や「加齢」などがあります。また「むくみ」や「冷え性」も血行が悪くなる原因ですし、血行の悪さがさらにひどい「むくみ」や「冷え性」を引き起こします。
セルライトができやすい部分が「太もも」や「ふくらはぎ」「お尻」といった下半身に多いのも、下半身の方が血行が悪いためです。

また高カロリーな食生活も大きな原因です。セルライトが脂肪の塊だという事を考えると納得できますね。高カロリーな食生活をおくっていると、脂肪がつきやすくなるので、それがセルライトへと変わっていく可能性も高くなります。

セルライトの一番の原因は血行不良だと述べましたが、セルライトが生成される事でさらに血行を悪くし、セルライトの症状が悪化するという悪循環に陥る事が多くあります。

 

 破産宣告の手続きとデメリット  腸内洗浄で美くしく健康に  便秘解消法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
セルライトとは(2009年10月16日)
セルライトができる原因(2009年10月16日)
セルライトの除去(2009年10月16日)
エステでセルライト除去(2009年10月16日)